ジーンズショップ アメリカ屋

  • Amerikaya STAFF PAGE | スタッフページ
  • 店舗案内
  • ウェブショップ
  • ウェブショップ

DENIMUSHI AtoZ デニムシのお楽しみコンテンツ新登場!

DENIMUSHI AtoZ デニムシのお楽しみコンテンツ新登場!

なぜ、表は青くて裏は白いの?教えて!デニム生地のフシギ! | デニムシ達のデニムマニア炸裂デニデニコンテンツ。今回のテーマは…?!

なぜ、表は青くて裏は白いの?教えて!デニム生地のフシギ! | デニムシ達のデニムマニア炸裂デニデニコンテンツ。今回のテーマは…?!

Blue Denim has White inside!

  • デニムのうんちくを語るこのコーナー、一回目はデニム生地について。デニップは、デニム生地の色が表と裏で違うこと、知ってた?
  • そういわれてみれば、そうップね~。表と裏じゃ色が全然違うップ!
  • デニム生地ってさ、インディゴ染料で染められたタテ糸と、染色加工をしていない白いヨコ糸で織られてるんだ。つまり、青と白の2つの糸からできてるの。
  • センパイ、なんでインディゴで染めてるップか?
  • それはね、インディゴ(藍)には蛇や虫除けの効用があるといわれていたからとか、インディゴ染めだと汚れが目立ちにくくて労働着にぴったりだったからとか、諸説あるんだよね。でも現代は合成インディゴ染料。石油等を原料にしてるんだ。
  • センパイ、ポンポンでてくるップね~。じゃあ、生地の表裏が違うのはなんでップか?
  • デニップ、デニム生地をよーく見てごらん。斜めに織り模様が浮き出てるだろ?これを綾織(あやおり)というんだ。綾織ってのは、斜め方向に織り模様が走っている織物のこと。綾織は一般的に、生地表面にタテ糸が多く表れて、裏面にヨコ糸が多く表れる。
  • なるほど! だから、デニム生地の表は青(タテ糸)で、裏は白(ヨコ糸)なんだップ~
  • その通り。綾織には右綾、左綾の2種類があって、現在のデニムのほとんどは右綾。右綾とは、生地表面の織り模様が右上から左下に向かって走っているもので、逆に左綾は左上から右下に走っているものをいうんだ。通常の糸は左撚りだから、左綾で織り上げるとキュッと締まった生地になる。ざっくり感のある右綾デニムに比べ、左綾デニムは表面がフラットでソフトという特性があるんだ。
  • デニムをこんなに愛しているのに、知らなかったップ…
  • ま、デニップはまだまだってこと。右綾、左綾で選ぶようになったら、キミもジーンズ通さ!
  • デニムのうんちくを語るこのコーナー、一回目はデニム生地について。デニップは、デニム生地の色が表と裏で違うこと、知ってた?
  • そういわれてみれば、そうップね~。表と裏じゃ色が全然違うップ!
  • デニム生地ってさ、インディゴ染料で染められたタテ糸と、染色加工をしていない白いヨコ糸で織られてるんだ。つまり、青と白の2つの糸からできてるの。
  • センパイ、なんでインディゴで染めてるップか?
  • それはね、インディゴ(藍)には蛇や虫除けの効用があるといわれていたからとか、インディゴ染めだと汚れが目立ちにくくて労働着にぴったりだったからとか、諸説あるんだよね。でも現代は合成インディゴ染料。石油等を原料にしてるんだ。
  • センパイ、ポンポンでてくるップね~。じゃあ、生地の表裏が違うのはなんでップか?
  • デニップ、デニム生地をよーく見てごらん。斜めに織り模様が浮き出てるだろ?これを綾織(あやおり)というんだ。綾織ってのは、斜め方向に織り模様が走っている織物のこと。綾織は一般的に、生地表面にタテ糸が多く表れて、裏面にヨコ糸が多く表れる。
    デニップ、デニム生地をよーく見てごらん。斜めに織り模様が浮き出てるだろ?これを綾織(あやおり)というんだ。綾織ってのは、斜め方向に織り模様が走っている織物のこと。綾織は一般的に、生地表面にタテ糸が多く表れて、裏面にヨコ糸が多く表れる。
  • なるほど! だから、デニム生地の表は青(タテ糸)で、裏は白(ヨコ糸)なんだップ~
  • その通り。綾織には右綾、左綾の2種類があって、現在のデニムのほとんどは右綾。右綾とは、生地表面の織り模様が右上から左下に向かって走っているもので、逆に左綾は左上から右下に走っているものをいうんだ。通常の糸は左撚りだから、左綾で織り上げるとキュッと締まった生地になる。ざっくり感のある右綾デニムに比べ、左綾デニムは表面がフラットでソフトという特性があるんだ。
  • デニムをこんなに愛しているのに、知らなかったップ…
  • ま、デニップはまだまだってこと。右綾、左綾で選ぶようになったら、キミもジーンズ通さ!
    ま、デニップはまだまだってこと。右綾、左綾で選ぶようになったら、キミもジーンズ通さ!

デニムのなりたち

デニムのなりたち

デニムの語源は、フランス語の“サージ・デ・ニーム”だといわれているんだっぷ。デニムの発祥って、フランスのニーム地方だという説があるんだよ。“サージ・デ・ニーム”は、ニームで織られたサージ生地ってこと。“サージ・デ・ニーム”が略されて、“デニム”と呼ばれるようになったらしいよ。
フランスで生まれたデニム生地は、アメリカに渡ってジーンズになったんだっぷ。
1840年代後半からゴールドラッシュで沸いたアメリカ西部。当時の労働者たちは毎日のように鉱山を掘り続け、穿いていたパンツは擦り切れてボロボロ。労働着になる丈夫なワークパンツを必要としていたんだ。そんなとき、ネヴァダ州で仕立屋を営んでいたヤコブ・デイビスが、デニムや綿帆布に金属リベットで補強するパンツを考案。使用する生地の仕入れ先は、サンフランシスコの織物商人、リーバイ・ストラウス(Levi's創業者)。この2人が出会い、ジーンズの原型が生まれたんだ。それが1870年頃。この2人が作ったパンツは耐久性の高さが評判になり、たちまち多くの労働者に受け入れられたんだってぷ。

デニムのなりたち

  •  
  •  

ジーンズショップアメリカ屋